彼は、自ら沈黙を誓い、意図的に沈黙していました。
永遠の沈黙を誓い、死ぬまで沈黙するつもりでした。
だが、ある日彼は、デートの疲れからか、不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまいます。
いいゾ~^コレ。
ほものふりをして、記述すれば良い。
そうすれば、多数の人間は、冗談だと考えてくれる。
少数の人間も、単なる仮説の中の一つとして、冷静に考えるであろうと。
以上の理由の為、このホームページでは、『真夏の夜の淫夢』から少々引用させていただいております。
決して私がほもだからではありません。
これだけははっきりと真実を伝えたかった。